【不正選挙】舛添氏の市区別の得票が、猪瀬氏得票の48%にピッタリ一致!!/開票立会人の告発!!

これも、わが国の不正選挙の一端。
みなさん、どう思われますか?

われわれも各選挙区で、選挙結果の検証要求告発を
全国的に展開すべき時に来たと思いますが、いかがでしょうか?

以下、

【不正選挙】舛添氏の市区別の得票が、猪瀬氏得票の48%にピッタリ一致!!/開票立会人の告発!!

からの引用をごらんください。

★H24の都知事選猪瀬氏の市区別の得票48%と、舛添氏の市区別の得票がピッタリ一致する

得票比較グラフ → リンク

★不正選挙の暴露!!開票立会人の告白!!

・開票時、最初の頃は、一枚一枚めくって確認するが、
途中から、「いちいち見なくてもいいから・・」
と言われ、印のみ押す。おかしいと思って印を
押さなかった場合でも、有効票とされてしまう。

・何を書いているかわからない票
(例えば、点が縦に三つ)の場合でも、
無効票にせず、「川」の字がつく人の票にしたり・・。

・票を比べてみたが、まったく書体が同じ、
紙の端からの間隔何ミリまで同じだった。
コピー機で大量コピーした場合の汚れまでついていた。
あきらかに、カラーコピーした票。

・不正がないかぎり、かんこう鳥が鳴いている選挙演説しか
しない人が、一位で当選することは、絶対ありえない。

※今回の都知事選での、ますぞえ氏の場合、
多くの人が証言しているが、
かんこう鳥が鳴く選挙演説だった。

★票の中に同一人物が書いたと思われる筆跡酷似の票が多数!!

★「ムサシ」の不正選挙事件
英文記事になり海外へ拡散。記事の内容は、

「全有権者のたったの14%の得票で
自民党が過半数をはるかに超える議席を占めた」

「最新式の電子投票機が怪しい」

「一つの企業がカウントから広告まで選挙全体にかかわっていた。
この企業は原子力産業の関連企業でもある」

★選挙システムを全国で独占してる「株式会社ムサシ」について
この企業は、GHQが作った選挙システムそのもの。

終戦直後、すなわち日本が占領下にあった時代につくられ
原子力関係者も役員に名を連ねている。

***以上、本記事の要約。詳細は、以下
→ リンク

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。