5年後顕在化する日本列島の悲劇

福島県知事の無能さは、別として、いまや、福島の子どもたちは、
約半数がガンになる
ところだ。これを政府も県も見殺しにしている。

「県民健康管理調査」検討委員会について
第8回検討委員会(平成24年9月11日開催)
当日配布資料
資料2 「甲状腺検査」の実施状況及び検査結果について

 

しかし、この悲劇は、ほんの序章にすぎない。5年後の首都圏、ばかりではない。
日本列島全体で、大量の奇形児、ガン患者が顕在化する。

 

これは、核戦争防止国際医師会議ドイツ支部が書いた
『チェルノブイリ原発事故がもたらしたこれだけの人体被害』
ヨーロッパ各地で発生していたからだ。

 

本書に寄れば、やはりドイツを含めた西ヨーロッパの実態
隠蔽され続けてきたそうだが、実態はすさまじい。
ドイツのベルリンは、チェルノブイリから、約1150kmだ。
福島第一原発から西へ1150kmというと、長崎県だ。
つまり、日本列島は、いずこも同じだ。

 

いやむしろ福島の汚染度は、チェルノブイリの10倍。人口密度も10倍。
とすれば、ヨーロッパ以上にひどくなることは明らかだ。

 

以下本書の帯に書かれている言葉を掲載する。

 

『原子力の利用は、軍事的であれ、平和的であれ、みなさんの想像以上に
秘密主義、ねつ造体質、深刻な矛盾であふれている。』

 

本書の帯は、さらに続く。

 

『チェルノブイリでの実地調査、各種研究の評価検討から、
「真実」を無視し続けることの悲劇をわれわれは十分に体験した。
今こそ日本の科学者・専門家たちが果たすべき役割は重大だ。』

 

そして

 

『25年間の科学的研究から浮かび上がる放射能による健康被害の
多様さと深刻さ』

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。