iPS細胞で生成される高等生物を人類は制御できるか

山中教授のノーベル賞受賞で、世間は沸きかえっている。
しかし、もろ手を挙げて喜んでばかりいていいのだろうか。

本日の東京新聞が警告を発している(下記)。

人類のために動物を犠牲にすべきではない、という時代だ。

しかし、それ以上に根本的問題があると感じる。

原発と同じ問題だ。

原発は、無限のエネルギーが得られる、ということから、
はやし立てられながら、開発が進められ、実用化された。
しかし、その後に残った使用済み核燃料の処理、あるいは、
発生する膨大な放射性物質の無害化技術の開発は
放置されたままだった。いや正確には、
人類は、遂に
放射性物質を制御することが出来なかった。

人類が制御できない技術、すなわち欠陥技術を
そのまま使ってきたツケがまわってきた
わけだ。
未来永劫にわたる苦難を人類は背負うこととなった。
今、あらためて、われわれはそれを実感している。

この再生医療、iPS細胞がもたらす未来の生物も、
同じ問題、いやむしろより困難な問題
をはらんでいるようだ

生成される高度な意識を持った生物を人類が制御・
コントロールすることができるのか?
 ということだ。

もし、出来ないとするならば、この技術は原発と同じく
恐るべき欠陥技術
であり、ただちに中止すべきではないか、
と考える。

例えば、ゴリラに人間の知恵を移植したら、人類はゴリラに征服される
という猿の惑星が実現するかも知れない。

50年後が1つの節目になるだろうと思う。
その時に後悔しないよう、今から真剣に考える必要がある。

東京新聞(2012/10/11)

20121011東京再生医療危うい_T_s

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。