無党派層44%の棄権は極めて危険!2012衆院選:自動投票政党選択システム

いよいよ、2012衆院選だが、極めて重大な問題がある。
それは、支持政党未定者が、有権者の44%もいることだ。
以下、この問題点を洗い出し、その解決策をご提案したい。

1 支持政党未定者44%がもたらす重大問題

今回の衆院選は、政党多数乱立のため、いずれの政党を選択すれば
良いのか、迷っておられる方は、次の東京新聞の世論調査によると、
小選挙区、比例代表ともに44%と半数近くおられる。

20121203東京投票先政党

この半数の方々が、万が一、棄権したとしたら、どうなるのか?
大変なことが起こるのです。

小選挙区では、ご存知の通り、定員1名なので得票数最多の1名のみが
当選
となる。したがって、このグラフによれば自民党の支持率は、
わずか21.4%と低いが、全政党の中では、最も高いので、
小選挙区でも自民党の得票数は、少ないながらも
他政党と比べれば、
得票数は最多となり当選
、と推定できる。
小選挙区は全部で300あるので、打率8割としても、

300 × 0.8 = 240名

当確続出と予測できる。
これで、衆院定数480名の過半数獲得達成だ。

さらに、比例代表区180名については、比例代表の自民支持率は18%
だから、

180 × 0.18 = 32名

の推定当確となり、小選挙区+比例代表区 合計では、

240 + 32 = 272名

と、衆院57%の過半数獲得の自民党政権が復活する。

さらに、現在のところ、自民党快調なため、小選挙区で全勝となれば、

300 + 32 = 332名

と、自民党単独で、憲法改正に必要な、三分の二の320名を
はるかに超える安定多数政権も可能
となる。

つまり、44%の棄権は、自動的に自民党政権の復活につながり、
自民党を喜ばせるだけなのだ。

こうして、自民党政権が復活すれば、安倍さんは、単純だから、
支持率は、わずか20%であるにもかかわらず、

『私は、全国民から支持されたのだ』

大錯覚し、暴走開始する。

原発再稼動、消費税増税、TPP参加、社会保障切捨て、国防軍設置に
よる対中韓露強硬路線の展開、憲法改悪などなど、第二次大戦以前の
日本への逆戻りオンパレード
と、わが国は再び暗黒時代に突入することとなる。

したがって、無党派支持層の棄権は、このような重大問題をはらんでいるのだ
ということを、まずご認識いただきたい。

2 44%膨大パワー全開のための解決策

そこで、このたび、この支持政党未定の方々にも、最適な政党がどこなのか?
簡単に割り出すことの出来るシステム

自動投票政党選択システム

を作ったので、是非試していただきたいと思います。

本システムでは、当面の重大問題3件(消費税は1件目にあり)、
すなわち、

1 社会保障
2 原発
3 TPP

を取り上げた。

それぞれの質問について答えていただき、合計点を出していただくだけで
あなたにとっての最適な政党を簡単に割り出すことができます。

この中で、重要なポイントは、社会保障の財源を何に求めるか?です。
米・オバマ、仏・オランドの両大統領の主張は全く同じで、

『富裕層の増税』

です。日本の革新政党は、なぜか、これを声高に言わない。全く不思議でならない。
だから、選挙の争点がボケる。

支持政党なしの44%のみなさんが、投票すれば、事態は一変します。
何しろ、約半数です。有権者の半数、これはもう膨大な力です。

しかも、この44%のみなさんは、率直に言って社会的弱者・犠牲者の
方が圧倒的に多い
と思います。したがって、質問に対する答えは、
自分の良心に忠実に答える限り、ほとんどが反自民となるはずで
あり、
文字通り膨大なパワーを発揮すると思います。

また、社会的弱者であればこそ、この膨大な力をこの唯一与えられた
チャンスともいえる選挙の機会に行使しない手はない
と思います。

早い話が、政治の流れを、44%の方に向かわせることができる力は、
実は、この44%の力だけなんだ、
と言うことです。

暗黒時代を回避するためにも、本システムを使って最適政党を選んで
全員投票されるようお願いします。
また、友人知人の無党派層の方々にもよびかけましょう!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。