風が吹くとき-When the Wind Blows(1/6~6/6)

原作・脚本: レイモンド・ブリッグズ
監督: ジミー・T・ムラカミ
音楽: ロジャー・ウォーターズ
主題歌: デヴィッド・ボウイ

核戦争に際した初老の夫婦を主人公にした作品であり、彼らの若い時に
遡った作品には『ジェントルマン・ジム』がある。題名は『マザーグース』の
同名の詩から。
1986年にアニメーション映画化、日本では1987年に公開された。
日本語版は監修を大島渚、主人公の声を森繁久彌と加藤治子が吹き替えている。
音楽をピンク・フロイド­のロジャー・ウォーターズ、主題歌をデヴィッド・ボウイが
担当している。
ただし、実際の上映に際しては、通常の映画とは異なる措置がとられた。
内容を考慮して、映画館での上映は行わず、都道府県の教育会館ホールなど、
公共の施設で通常の映画公­開期間よりも短い期間に限定して公開した地方も
一部にはあった。(Wikipedia)

風が吹くとき-When the Wind Blows(1/6)

風が吹くとき-When the Wind Blows(2/6)

風が吹くとき-When the Wind Blows(3/6)

風が吹くとき-When the Wind Blows(4/6)

風が吹くとき-When the Wind Blows(5/6)

風が吹くとき-When the Wind Blows(6/6)

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。