露骨なマスゴミの宣伝に乗らず、菅首相をバックアップしよう!

昨日のNHKや、本日の朝日の世論調査によると、菅内閣の支持率は、がた減りだそうだ。
なんでも、15~16%と歴代内閣の中でも、最低ラインだそうで、75%程度の国民が、菅首相の退陣を期待しているそうだ。

これは、もはや、マスゴミによる世論操作、というよりも、露骨に、菅首相の先進的取り組みにストップをかけようとする保守勢力のお先棒をかつぐ、マスゴミの本性をあらわしたものと言わざるをえない。

被災地の避難民も、こぞって、菅首相の退陣を要求している、かのごとき報道をしている。また、マスゴミ得意の『ウソ』が始まった。

国民は、いまや、放射能汚染で、日本がどうなっていくのか? 原発再稼動の動きがあるが、ほんとうに大丈夫なのか? 自分たちのふるさとは、昔どおりに戻るのか? われわれの子孫は、大丈夫なのか?などなど、不安材料でいっぱいだ。

それに、被災地の国民は、明日の生活費にも事欠いた最低限の生活の中で、大変な思いで、生活している。

原発再稼動に対しては、当然、安全の上にも、安全を!!という気持ちでいっぱいだ。
われわれは、『ストレステスト』という言葉を最近、菅首相が言い出して、はじめて知った。しかし、これは、すでに6月には、ヨーロッパでは、福島原発事故対策として、実施されていた、ということだ。

ところが、当の事故を起こした日本の国民だけが、知らなかった。それで、菅首相が言い出して、初めて知った、というわけだ。

何か、おかしいとは、思いませんか?

そう、なぜ、マスゴミは、これを報道しなかったのか、なのです。これが、報道されると、日本の原発も同様のテストをせざるをえなくなり、日本の保守 陣営にとっては、大いなる痛手になるから、隠していた。菅首相も、これには手が出せないだろうと、たかをくくっていた。ところが、どっこい、菅首相が気が ついて持ち出した、というのが、おおかたのストーリーだろう。

NHKニュース9の大越キャスターもサルモノ!いかにも、このストレステストは、重要だが、唐突に出してきたのは、問題!!みたいなことを言って、自分たちマスゴミが、報道隠しをしていたことを棚に上げて、よく言えたものだ、と感心する。そして、火消しにまわる。

いずれにしても、最近の菅首相の取り組みには、国民の立場に立った施策が目立つ。
これ、すなわち、既得利権まみれの永田町、霞ヶ関からみれば、死活問題に直結する。したがって、菅降ろし大合唱が、自民・民主・みんな など、旧自民党系列の面々から湧き上がったというわけだ。

つまり、この菅首相の『最後のアガキ』的動きが、国民、圧倒的多数の、低所得階層の国民にとっては、歓迎すべきことであって、マスゴミの報道は、逆に取れば、正しく見えてくる。

永田町で四面楚歌になる、ということ、すなわち、国民の立場に立ったということで、まさに、菅さん、こわいものなし! で、満身創痍(まんしんそうい)暴れるだけ暴れることができるし、どうやら、その覚悟もできたようだ。

われわれは、マスゴミの『ウソ』誘導に引っかかることなく、冷静に菅さんの動きに注目しよう。

ただ、一点、大問題は、消費税引き上げ問題だ。菅さんは、保守勢力との取引材料として、消費税引き上げを言っているようだ。『カネアマリ』富裕層から、従 来(30年前の消費税が生まれる前)いただいていた税金をいだだければ、それだけで、消費税は、廃止してもいけるわけなので、これだけは、許すわけにはい かない。断固粉砕しよう!!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。