原発比率国民意見聴取会のいびつな姿が浮き彫りに

東京新聞(2012/7/18)に、これまで行われた、さいたま、仙台、名古屋各市の
意見聴取会の実態と、政府(古川国家戦略担当相)のその場しのぎの『改善策』
報告されているので、引用させていただく。

この中のグラフの当選確率について、補足すると、

例えば、さいたま市の 0%支持の人の当選確率 1.3% は、

意見発言者枠は、3案それぞれ、3人づつなので、これを、意見表明希望者239人で
割った数、つまり、

  当選確率 = 3/239
         =1.3 %
となる。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。