『脱原発唱えた菅首相に感謝』

本日(2011/9/3)の朝日新聞 『声』。

確かに、菅さんの前後の首相を見て、比較すると、その違いがよくわかる。

野田さんは、前にも書いたとおり、信頼できないし、低姿勢・八方美人型
それも権力者には、という条件付きだ。

いわんや、『脱原発』とか、『電力事業の発・送電分離再編』といった歴史的テーマ
については、思いも及ばぬ旧来からの既得権益依存型の政治家だ。

これからは、『創発民主主義』 じゃないが、現場主義で、政治監視と必要な行動の徹底を
はからないと、大いなる反動にでくわす
ことになる。

朝日新聞 『声』 (2011/9/3)

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。