ウクライナを焦土化しているのはウクライナ政府だ!!

 日本国民の大半は、NHKをはじめとする、主要メディアの報道により、判断しているが、その報道内容は、欧米メディアの受け売りだ。

 その欧米メディアが、アメリカ大統領選で見られたように、国際金融資本の手先となり下がっているのは、周知の事実だ。

 したがって、戦争経済屋である国際金融資本が仕掛けた2014年に始まったウクライナ住民に対する虐殺の歴史が、今も続いているが、これを、ロシア軍の仕業だとプロパガンダしているわけだ。

 劇場爆破も、ウクライナ政府の仕業だ。

 こうして、欧米をはじめとする各国市民を虚偽の報道で洗脳し、欧米の莫大な税金をウクライナへ送り、ウクライナ政府は、その資金で買った武器で、ウクライナ国民を虐殺し、これをロシア軍の仕業である、とゼレンスキーウクライナ大統領は、泣いて訴える。彼は、虚偽の役柄を演ずるには、すばらしい喜劇役者だ。彼も、バイデン同様、国際金融資本に抜擢されたのだ。こうして、国際金融資本は、ますます肥え太り、底辺の一般市民は悲劇に見舞われる。そして、第三次大戦へ誘導する。

 日本国民も、そろそろ真実は、どこにあるのか、自分の目で確かめ、自分の頭で判断する力を持たなければならない。

 さもなければ、今、犠牲になっているウクライナ国民以上の過酷な運命をたどることになる。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。