経済」カテゴリーアーカイブ

英語民間試験から見える大学受験のビジネス化

英語民間試験が社会問題化している。

何だろうかと思い、ネットで調べてみたら、大学入学共通テストの一環で、グローバル化に備えた「話す」力のテストの一斉実施が困難なため、民間試験、例えば、英検とか、GTEC、TOEICなど8種類の活用を考えているようだが、その実施機関の地理的分布が大都市に偏っていることと、受験料がべらぼうに高すぎるため、地方や、貧困層から不満が噴出している問題だ。

続きを読む

堤防決壊により受けたすべての損害は国が全額補償せよ

堤防決壊によって被害を受けた人には、いかなる責任もありません。

ハザードマップをよく見て家を建てろ、と言われるが、建てた人たちのほとんどすべての人は、勝手に家を建てたわけではありません。

続きを読む

病院再編統廃合も財務省緊縮圧力のあらわれ

病院再編統廃合は、簡単に言えば、全国的に病院の数を減らそうというもので、これに関する地方各ブロックごとの意見交換会が病院関係者や自治体などを集めて、各地で厚労省主催で開かれている。

続きを読む