緊急事態宣言後も満員電車。決死の覚悟で出勤する人の悲痛な叫び

【緊急事態宣言】も全く無意味で、『7~8割接触削減』も無理でしょう。

今回は、【緊急事態宣言】下の実態を『まぐまぐニュース!』から、以下引用させていただきます。

緊急事態宣言後も満員電車。決死の覚悟で出勤する人の悲痛な叫び

安倍首相は7日、新型コロナウイルスの感染拡大が急速で進んでいる事態を受け、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡を対象に「緊急事態宣言」を発令した。安倍首相は会見で、密閉・密集・密接の「3密」を避けるよう改めて呼びかけ、人との接触機会を最低7〜8割削減できたら2週間後には感染者の増加を減少に転じさせることができると述べていたが、緊急事態宣言が発令された後の今朝の電車の様子はどうだったのだろうか。

相変わらず「満員」の路線も

今朝の通勤時間帯には、一時「電車普通」がトレンド入り。「非常事態宣言とはなんだったのか」「割と電車混んでる。意味あるのか」「電車普通に混んでる」「電車に乗ってる人はなにが3密を避けろだバカとみんな思ってるはず」など、外出を自粛したくてもできない人たちからの悲痛のツイートが多く見られた。また、混雑する電車の様子を写した写真も複数投稿されていた。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください