新型コロナ対策の疑問点と緊急課題

当初は、感染者の通勤ルートなどを千葉から東京などと明らかにしていたが、その後、ピッタリと除外された。

もう一つは、当初から、感染者の国籍を明かしていない点だ。

昨日の東京・神奈川・埼玉の感染者数が過去最多となったようだが、感染削減を徹底するなら、感染経路不明者7割などと、ごまかすのではなく、電車通勤をしていたのか、ルートはどうだったのか、明らかにして、対策を考えなければ、全く意味がない。

感染者の特性をデータとして明らかにして、分析しないと有効な対策は打てない。

いずれにしても、緊急の課題は、【首都圏通勤の全面禁止】と【これに伴う公費による休業損失の全面補償】だ。

財源は、もちろん、【国債発行】で規模は、100兆円。

これでも足りないくらいだ。インフレは全く心配ない。GDP500兆円の3割がなくなろうとしているときに、GDPの2割では、まだ足りないわけだ。

いずれにしても、安倍総理大臣の決断に、日本国民、特に【緊急事態宣言】下の国民の命がかかっている。『借金大国』の欺瞞にまどわされている時ではない。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください