いかなる危機も緊縮財政で対応するのが原則と思っている安部首相

これが日本をボロにしている元凶だ。

このデフレ時代に財源は、ほぼ無尽蔵にある。

国債発行による財源作りがデフレ時代の原則。

これは会計学の基本定理。

詳しくは、MMT(現代貨幣理論)。

安部首相は、会計学の基本が理解出来ていない。

その無知蒙昧のお陰で、老人医療費負担率の1割から2割への値上げを

はじめとする国民生活のすべての面で、国民、

特に低所得層に犠牲を強いている。

この安部首相のアヤマチは、何という罪にあたるのでしょうか。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください