病院再編統廃合も財務省緊縮圧力のあらわれ

病院再編統廃合は、簡単に言えば、全国的に病院の数を減らそうというもので、これに関する地方各ブロックごとの意見交換会が病院関係者や自治体などを集めて、各地で厚労省主催で開かれている。

『地方には人が住まなくてよいと言われているようだ』など批判が相次いでいる。

この病院再編統廃合の動きも財務省の緊縮圧力に屈した厚労省の地方国民軽視の態度の表れだ。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください