札幌開催にともなう追加費用340億円は、当然、国が持つべき

2020東京オリンピックマラソン・競歩の札幌開催にともなう追加費用340億円は、当然、国が持つべきだろう。

東京が暑くて選手の健康が保てないから、札幌に移すわけなので、この気象条件を容認しているのはやはり国としか言いようがないからだ。

また、札幌にも東京にも払う理由はない、からだとも言える。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください