平昌オリンピック後のトランプのまさかの決断が日本を地獄にする

北朝鮮の米国東海岸に到達するICBMの完成は、時間の問題となっている。

一方、トランプ大統領は、米国内でピンチに追い込まれている。

こういう場合に、リーダーが好んで取る行動は、国民の敵を国外に作るべく事件を引き起こすことだ。

今回の場合は、

『米本土を北朝鮮のICBM核弾頭の攻撃から守るために北朝鮮軍事基地を先制攻撃する』

事件となる。

先制攻撃の結果、北朝鮮からの核弾頭による反撃が、韓国や日本にあったとしても、トランプ大統領から見れば、それは遠く離れた極東地域での一紛争でしかない。中近東と同じ感覚だ。これで、米本土に対する北朝鮮からのICBM核弾頭攻撃の脅威がなくなるのであれば、それでいいのだ。まさに、『アメリカ・ファースト』だ。

しかし、これでは、我々は、たまらない。

安倍首相は、ばかの一つ覚えのように『北朝鮮に対しては圧力の強化以外にない』ととなえ、トランプ大統領追随の姿勢を変えない。

彼は、その結果がどうなるのか、ということは真剣に考えていないように見える。

この際、きわめて大切なことは、トランプ大統領に、はっきりと、『先制攻撃だけは、するなよ』と釘をさしておかなければならないところだが、はたして、彼にそのような勇気と行動力があるかは、疑問だ。

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。