財務省の国民をだます巧妙なトリック

『2016年度予算100.2兆円、補正後ベースで4年ぶり高水準』

というニュースが流れた。

何のことはない。2013年ベースに、やっと戻っただけ、ということだ。

つまり、安倍政権は3年間緊縮財政をしていたのだ。

これでは、デフレ脱却はできっこない。

ところが、よく、

『本年度予算、史上最高!』

というニュースを毎年見てきた覚えがある。

これは一体どういうことだ!

そこには、補正予算を使った国民をだます巧妙な財務省の策略があったのだ。

つまり、こういうことだ。

わかりやすくするため、簡単な数字を使ってご説明したい。

年度 本予算 ニュース 補正
予算
合計 ニュース
2013 10 15
2014 11 史上
最高!
13
2015 12 史上
最高!
13
2016 13 史上
最高!
2.1 15.1 4年ぶり
高水準

これから、国民の受ける印象は、

『政府の予算は、常に、史上最高!の予算を組んでくれている。ありがたい』

となり、緊縮財政をしている実態が見事に隠れてしまう。

ところが、補正予算後の合計で見ると、この3年間緊縮財政をしていたことが

よくわかる。

財務省の国民をだます巧妙なトリックだ。

緊縮財政により国民生活を犠牲にし、

ただひたすら、財政収支のバランス目標に邁進する財務省の姿が

浮かび上がる。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。