英のEU離脱決定で各国庶民の目指すべき方向はほぼ定まった

イギリスのEU離脱が決定した。

これは、ユーログローバリズムが、英国民の支持を得られなくなった証だ。
単に、EUの縛りから逃げたい、ということではない。

グローバリズム資本家を優先する体制・手法に対する反発が具現化したものだ。
残留派の言う、『難民は救わなければならない』などという体のいい言葉にはだまされなかった。
その本音は、安い労働力の供給だからだ。

次は、東欧諸国に火がつくだろう。ハンガリーや、ポーランド、それにイタリヤ、スペインも危ない。
ギリシャも再び動き出す。

グローバル資本家による収奪戦略の破壊運動だ。

すでに、カナダの政権も、反グローバリズム政権となった。
ドイツも意外に早いかもしれない。難民による低賃金構造が限界に達しているからだ。
メルケルさんも長くはないだろう。

トランプ氏を応援する勢力も底流は同じだ。さらに勢いがつくだろう。

ひるがえって、わが日本国国民は、いつごろ、気がつくか。
やはり、一番遅いのではないかと危惧する。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください