TPPによる沖縄離島の中国漁民島化

TPPによる関税撤廃が砂糖に適用された場合の予想。
沖縄の離島でサトウキビを生産している農家が、次々に廃業していく。
離島で生業を立てられなくなれば、住人は沖縄本島や鹿児島に移住し、
やがては無人島になる。
そして、無人であったはずの離島に中国の漁民が住みつく。
TPPは、国の安全保障をも脅かす存在となる。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください