大飯原発差し止め判決は、歓迎できるのか

大飯原発の安全性について、問題視し、差し止め判決が出たことは、
一歩前進だが、関電は控訴する。

したがって、この判決では、差し止めが実行できない。
判決確定するまで、ズルズル延ばされ、再稼働が続く。

重大な点は、判決に、財産権に適用できる『仮執行宣言』を盛り込むべきだった。

こうすれば、判決確定までの間、再稼働は不可能になる。
即、原発停止!だ。

住民の安全が第一ならば、福井地裁は、これを盛り込むべきだった。
この判決を下した裁判官は、普通の裁判官であれば、この判決内容が
骨抜き判決であることは、当然わかっていたはずだ。

はたして、この裁判官は、ほんとうに、住民の味方なのだろうか。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください