『商船三井差し押さえ』 は、燎原の火のごとく広がる

安倍首相は、自ら、『侵略否定』や『靖国参拝』などで中韓を挑発して
おきながら、このような問題が起こると、
相手の寛容さが前提となって得られた日中共同声明や日韓基本条約を
盾に、『すべては解決済みであり、今更何を言うのだ』といった態度を取る。

これらの成果は、当時の日本政府が、過去の侵略戦争で犯した罪を心から
反省したからこそ、得られた相手方からの配慮の賜物であったことを
忘れてはいけない。

その配慮の前提となった心からの反省を、全否定し、しかも、その戦犯を
『英霊』と称し、『尊崇の念をささげるのは国家元首として当然なのだ』
と開き直られては、さしもの寛大な大陸も、神経を逆なでされたも同然で、
まさに、アタマニクルだろうことは容易に想像できる。

昨日大挙して靖国参拝したという安倍首相の取り巻きは最悪だが、
菅官房長官にしても、まったくわかっていない。

訪日中のオバマさんの心中もおだやかではないと思うが、
『アベチャン、もう面倒見きれんよ!』といったところだろう。

中韓による反日戦線は、燎原の火のごとく燃え広がるだろう。

日本経済界も、そろそろ本気で安倍おろしを考えた方が良さそうだ。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください