集団的自衛権行使には、報復攻撃を受ける覚悟が不可欠

安倍首相は、やはり、お坊ちゃまのようだ。
どんなに調子のいいことを言っても、自分には何も災いは、ふってこない、
と思ってるらしい。

集団的自衛権の行使についても同じだ。

隣人が強盗に襲われているのを、黙って見過ごすわけにはいかない、
と、かっこいいことを言うが、
これには、同時に、敵からの報復攻撃を受けて立つ覚悟が不可欠だ。
自衛権の行使とは、早い話、戦争開始、つまり、宣戦布告だ。
甘いものじゃない。

安倍首相にそのような覚悟があるのか、はなはだ疑問だ。
その前に、平和ボケの日本国民にそんな覚悟ができているとは、
到底思えない。

他力本願、安倍さんのことだから、米国が守ってくれると
軽く考えているかも知れないが、はたして、そうか。

安倍首相の最近のアジア失策外交は、米国の失望を買っている。

日本国民を目覚めさせるためにも、冷ややかな目で手を引く可能性が、
大きいと思うが、いかがだろうか。

LINEで送る
Pocket

集団的自衛権行使には、報復攻撃を受ける覚悟が不可欠」への1件のフィードバック

  1. admin 投稿作成者

    いや、宣戦布告などという、そんな度胸は、ないだろう、と思って、本文を書いたが、
    安倍首相の頭脳構造は、尋常ではないだろう、ということから推測すると、
    とんでもないことを考えているのかも知れない。

    集団的自衛権の行使だ、ということを理由にして、宣戦布告をし、
    実際に戦争がしたくて、したくて、たまらないのではないか。
    ほおっておけば、われわれの知らぬうちに、戦争状態に突入していた、
    なんてことになるかも知れない。
    これは、杞憂だろうか。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください