国連人権理、原発避難基準の厳格化要請

国連人権理事会の健康問題に関する特別報告で、
以下の要請が日本政府に出された。

① 避難区域を設ける基準の厳格化

現行 年間被曝量 20ミリシーベルト

要請   〃    1ミリシーベルト

② 健康調査の改善

内部被曝検査の拡大(特に子ども)

③ 東京電力による被災者への補償金支払いに
税金が使われており、責任が国民に転嫁されて
おり、問題。

東京新聞(2013/5/26)
20130526東京国連人権健康問題_s

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください