原子力規制委の『安全基準』も『まやかし』

原子力規制委員会の安全基準・指針の原案が出されようだが、
人類が、原発の生成する放射性物質を無害化することができない以上、
いかなる対策も『まやかし』でしかない。

この生成された放射性物質は、地球上に半永久的に存在し続け、
地球環境全体の破壊を限りなくすすめる。

いかに、地下に強固な施設を作り、放射性物質を埋設保管しても、
地殻変動という自然の力の前には、その施設もあえなく破壊され、
その安全保管管理は、不可能だと断定できる。

これは、日本学術会議の警告からも周知の事実だ。

東京新聞(2013/2/7)
20130207東京原発安全新基準_1T_s
20130207東京原発安全新基準_3T_s

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください