安倍さん、衆院選『勝利』を原発推進容認と詭弁発言

毎日新聞 12月30日(日)21時23分配信の
<安倍首相>「国民的な理解を得て」…原発新増設に前向き
(下記に再掲)

によると

首相は「当面の電力需要にどう対応していくかが国民も不安なのだろう。
だから、簡単に『脱原発』『卒原発』とやや言葉遊びに近い形で言って
のける人たちは(衆院選で)信用されなかったのだろう
」とも述べた。

と、ある。

冗談じゃない。

自民党が『勝利』したのは、小選挙区制という非民主的選挙制度のおかげで、
得票率わずか2割でも8割近い議席を獲得できただけであり、
依然として、8割の国民は、反自民・脱原発であることに変わりはない。

早くも、詭弁・曲解発言のお出ましとなった。
ウソはつかないほうがいい。

また、茂木敏充経済産業相は、

着工前の原発の新増設についても「専門的知見を十分蓄積したうえで
政治判断していきたい

と、原子力規制委員会の判断いかんにかかわらず、これとは別の政治判断で
原発新増設を行うことを明らかにしたことは、
『政治はいろんな意見を言うが、それで安全規制を変えてはいけない』(原子力
規制委員会田中委員長)とする原子力規制委員会の存在自体を無視するもの
で、国民に対する重大な挑戦
であり、容認できるものではない。

暴走の始まりだ。

【再掲記事】
<安倍首相>「国民的な理解を得て」…原発新増設に前向き

安倍晋三首相は30日、首相官邸でTBSのインタビューに応じ、
今後の原子力政策について「新たにつくっていく原発は、40年前の古いもの、
事故を起こ した(東京電力)福島第1原発のものとは全然違う。
何が違うのかについて国民的な理解を得ながら、それは新規につくっていく
ことになるのだろう」
と述べ、 新増設に前向きな考えを示した。

首相は21日の記者会見で、原発の新増設を原則認めないとした
民主党政権の方針について「もう一度見直していきたい」と述べ、新増設を
認める可能性を示唆していた。

首相は「当面の電力需要にどう対応していくかが国民も不安なのだろう。
だから、簡単に『脱原発』『卒原発』とやや言葉遊びに近い形で言ってのける
人たちは(衆院選で)信用されなかったのだろう
」とも述べた。

茂木敏充経済産業相も27日の記者会見で、既に着工している
Jパワー(電源開発)大間原発と中国電力島根原発3号機建設を容認する
方針を表明。着工前の原発の新増設についても
「専門的知見を十分蓄積したうえで
政治判断していきたい」と含みを持たせていた。

国内には未着工の原発建設計画が9基ある。大半は、開発当初の設計に
安全性や効率面で改良を加えた「改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)」
「改良型加圧水型軽水炉(APWR)」と呼ばれる原子炉を採用している。

新増設を認めた場合、「2030年代に原発稼働ゼロ」という民主党政権の方針は
白紙に戻る。
首相は29日、「直ちに政策になっていくということではない」と述べ
ゼロ方針を踏襲しない意向で、「脱原発依存」の転換を図る姿勢が鮮明になっている。

ただ、自民、公明両党は連立政権合意に「可能な限り原発依存度を減らす」ことを
盛り込んだ。公明党は新増設に反対の立場で、原発政策を巡り温度差が生じている。
【中島和哉】
【再掲記事終わり】

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください