橋下徹氏の本質

東京新聞(2012/9/9)『橋下流踏み絵迫る』
同日掲載、週刊現代広告を
のせたが、橋下氏の本質が見えてきたので、
以下、簡潔に述べる。

① まず、相当、権力欲の強い男。
② 人気上昇に比例して、独裁化傾向あり。
③ 弁護士試験合格者特徴どおり、法律手続きに詳しく
  抜け穴・欠点を知る。
④ よって公約たる維新八策も政治体制弱点知識を
  活用した政治組織リセット政策中心。
⑤ しかし政策内容:『何をするのか』が皆無のため、
  国民にとっては何をするのか不明・不安。よって危険。
⑦ 橋下『維新八策:政治組織リセット論』は、小泉構造改革の
  やきなおしで根っこは同じ。

  看板のつけかえだけで、組織を変えれば良くなる、
  民間能無し経営者がよく使ったゴマカシ戦略。
  国民にとっては、有害無益で時間と税金の無駄遣い。
⑧ 下記新聞『踏み絵迫る「八策」至上、異論許さず』から、
  異論は切り捨てご免の独裁・猛進。
⑨ いまは、大阪親分。権力強化をねらって地方分権強化!
  中央政界に入ったら、コロッと変わって中央集権独裁者。
⑩ 表向きは『改革者』、内実は、極右・タカ派。
⑪ 『米国金融業界ウォールストリートジャーナル紙、橋下絶賛』
  → 橋下 = カネモチの手先。
⑫ 現代、第一次大戦後のヒトラー独裁ドイツの歴史的背景に酷似。
  今度の選挙は要注意、要注意!
⑬ 公明党立候補小選挙区に候補者擁立せず。
  『強いものには屈服』精神旺盛。
⑭ 結論:橋下は『改革者』を装ったカネモチ・権力の手先で危険人物。
【蛇足】なぜか、週刊現代は、橋下ヨイショ!! が多い。

東京新聞(2012/9/9)

LINEで送る
Pocket

橋下徹氏の本質」への1件のフィードバック

  1. 的山ともこ

    政界引退後、貴方の発言くるってますよね。
    意図が知りたいです。
    お口が達者なので、論破されるとはおもいますが、戦う為の事だけで、国民を惑わすな!
    一番卑怯だと思います。
    もう、TVには出ずに弁護士だけやっててください。
    なめんなよ!

    返信

的山ともこ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください