10万年先まで危険が続く…核廃棄物の現実

核のゴミの保管場所は、今、どこにあるのか、あらためて確認しましょう。
日本では、2箇所だけです。水戸の近くの東海村青森県の六ヶ所村。
ここには、猛毒の放射能(毎時1万ミリシーベルト以上:直接被曝で即死)を
帯びた使用済み核燃料
が、それぞれ満杯に保管されています。

したがって、東海原子炉を停止しても、危険性は、ほとんど変わらず、
きわめて危険な状況におかれている、と言う点では、同じだと言えます。

では、この図が最後に出てくる、小出裕章さんの説明を動画でご覧ください。

この中で、原発事業者達は、核のゴミ処理を、後回しにしてきた、
何度も出てきますが、これは、正確には誤りです。

核のゴミ処理技術は、残念ながら、今の人類にはないので、
正確に言えば、ゴミ処理は不可能だと言うことがわかっていながら、
原発技術を導入し続けてきた
のです。

小出さんは、これを、『トイレのないマンション』 と言っていますが、
やや、迫力に欠ける表現だと思います。

重大な害悪をもたらす大量発生する放射性物質の無害化処理技術が
原理的に不可能である以上、原発技術は、実用化すべきものではなかった

のですが、

カネの力が、地球温暖化対策をテコに、政治家・マスゴミ・学者を総動員して、
『原発安全神話』をでっちあげながら、無理やり導入してきたわけです。

しかし、考えてみてください。10万年ですよ。

10万年、無事故で維持・保管することが、この地震国・火山列島で、
はたして可能なのかどうか、文字通り、子々孫々2000世代
にわたって、
可能かどうか?

今から、10万年前は、ネアンデルタール人の世界だったようです。

答えは、明白でしょう。次の動画もご覧ください。

LINEで送る
Pocket

10万年先まで危険が続く…核廃棄物の現実」への3件のフィードバック

  1. 小森田

    核廃棄物に関連して、原子力発電は安全であると、電力会社、国を挙げての宣伝のもと
    推進されてきた歴史と、また電力関連会社、政府、官僚天下り、政治家との癒着等々
    根が深すぎますね。電力不足で省エネ対策で節電をと言っている国自体が、今の
    政府の政治を見ていると、もう、それ自体が嘘であると何故、日本人は感じないのか不思議でなりません。どこの国に 節電を推奨している国が日本以外あるのでしょうか?ましてや、電力値上げとか。 国民皆が平和ボケ、自分で考えることをなくした戦後の教育体制に
    あるのではと思います。 
     しかし、数千発におよび核兵器は、何十年も、米国、ロシア、フランス、中国とも、一体
    どうやって 保管されているのでしょうか? 以前 NHK等で報道があったようにも思えますが、 真剣に考えると、狂気の沙汰です。人類はやはり愚かな生き物なのかとも感じざるを
    得ません。また、地震予知等も含めてあった方がよいのは事実ですが、天災を防ぐのは
    不可能なことでしょうから。 地震がない地域に住む以外には、酷な話でしょうが、方法は
    ないと思います。 原子力発電を継続することで、政治家の本音は、日本が核兵器を製造する技術があると、、他国に暗黙に伝えたいのではと悪い意味ですが、推測されますね。たかが電気。まさにその通りだと思います。 ようは、電力会社勤務の高額所得と環境を破壊
    することが今の政治家に可能かどうか。 答えは、NOですね。 再度津波が起きたら、どうするのか。。 同じ災害がおこったら。。。 関東大震災の確立が高いと予測される科学者が
    がいる訳ですから。。 本当に どうするのでしょう。 

    返信
    1. admin

      コメントありがとうございました。
      しかし、愚かなのは、わが日本人だけじゃなかったんだと思います。
      原発技術を本気で実用化しようとしたアメリカや、それを次々と導入した
      世界各国のリーダー達、いずれも、原発の持つ真の恐ろしさが
      わからないまま、あるいは、真剣に理解しようと努力することなく
      導入してきた結果が現在だとするならば、人類の指導者たちは、
      まったく、無責任な人間だった、ということが証明されたのだと
      思います。

      それで、昨年の福島第一原発の爆発事故で、放射能の恐ろしさを
      あらためて実感し、それが、人類の英知では、制御・コントロールできない
      ものであり、未来永劫にわたって、熱管理だけではなく、放射能管理を
      強いられるものであることが、わかってきた段階で、はじめて、ドイツや
      イタリアは、脱原発宣言を発したわけです。

      しかし、まだ、原発にしがみつこうとしている国もかなりあります。

      ですから、これは、もう、救いようがないほど、人類のみなさんは、
      自分の頭でモノゴトを考えなくなってきているんでしょうね。

      人類滅亡の序章が始まったのでしょうか。
      こうなると、真の危機が目前に展開されない限り、いまの、テレビ番組に
      象徴されるような、一億総白痴化戦略に巻き込まれて、一部の富裕層だけに
      富が集中される格差社会から、結局は、もちろん富裕層も巻き込んだ自滅社会へと
      展開していくのでしょうか。

      いずれにしても、私は、現代は、原発危機によるの重大岐路の時期だと思います。
      ご覧になられたと思いますが、あらためて、

      高レベル放射性廃棄物の放射能の減衰曲線
      goiken.jpn.org/%E9%AB%98%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%AB%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%80%A7%E5%BB%83%E6%A3%84%E7%89%A9%E3%81%AE%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%81%AE%E6%B8%9B%E8%A1%B0%E6%9B%B2%E7%B7%9A

      をご覧ください。

      返信
  2. しおり

    ①なぜフィンランド以外では処分場が決まらないのか?

    ②日本にはどこが処分地として適切なんでしょうか?また倫理的な点は?

    ③処分地から放射能がもれる原因は?

    ④オンカロにおけるマーカーの設置理由は?

    返信

小森田 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください