欧州の原発、賛否両論・・・フランスvsオーストリア

本日(2011/9/6)の朝日新聞オピニオン 耕論 欧州の原発

原発推進派のフランスと反原発のオーストリアの主張が詳しく述べられている。

推進派のフランスも、決して楽観的ではない。厳しい安全基準の実施を求めている。

また、反原発のオーストリアも、代替エネルギーについて楽観的ではなく
われわれ自身の考え方を変えなければならない、と提起するが、
特に日本については、原発に変わる新たなエネルギーを作り出す実力がある、として
日本は原子力エネルギーから絶対撤退するべきだ、と提言している。

わが国の脱原発に資するところ大なので、ご覧ください。

朝日(2011/9/6)


【参考】 本記事を拡大または縮小して見たい場合は、
① 拡大の場合:「Ctrl(コントロール)キー と +(プラス)キー」を押す
② 縮小の場合:「Ctrlキー と -(マイナス)キー」を押す
③ 元に戻す場合:「Ctrlキー と 0(ゼロ)キー」を押す

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。