朝日社説 『再生エネ法 送電線網の接続を透明に』 は、突っ込み不足

昨日(2011/9/5)の朝日社説は、自然エネルギー普及に関する電力会社の送電線網の
果たす役割について論評しているが、いかにも中途半端、突っ込み不足の感が否めない。

やはり、菅元首相が提起したように、送配電・発電事業の分離を柱とする電力業界再編
まで、主張してもらいたかった。この論評では、結局、現状と変わらず、ということになる。

朝日社説

【参考】 本記事を拡大または縮小して見たい場合は、
① 拡大の場合:「Ctrl(コントロール)キー と +(プラス)キー」を押す
② 縮小の場合:「Ctrlキー と -(マイナス)キー」を押す
③ 元に戻す場合:「Ctrlキー と 0(ゼロ)キー」を押す

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。