長期間被曝の影響は?

朝日新聞(2011/11/21)に、政府の検討状況が報告されているが、
これによれば、放射線量の安全限界としては、
チェルノブイリ原発のあるウクライナ政府の出している

年間5ミリシーベルト

がもっとも厳しい値のようだ。
これは、時間当たりに換算すると、

0.57マイクロシーベルト/h

となる。
しかし、食品等による内部被曝や、子どもへの影響を考えると、
さらに少なければ少ないほど良い、と言う意見も出ている。

報告書は、12月上旬には出るようだ。

朝日新聞(2011/11/21)

【参考】 本記事を拡大または縮小して見たい場合は、
① 拡大の場合:「Ctrl(コントロール)キー と +(プラス)キー」を押す
② 縮小の場合:「Ctrlキー と -(マイナス)キー」を押す
③ 元に戻す場合:「Ctrlキー と 0(ゼロ)キー」を押す

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。