野田首相得意の 『脱原発』 パフォーマンス

東京新聞(2012/8/7)

野田は、何でも口先だけは、調子よくしゃべれる淡水魚の一種だ。
脱原発の世論に押されて、パフォーマンスも全開、といったところだが、
これも、脱原発運動の高まりの成果といえる。

しかし、このパフォーマンスが、やがては、墓穴ほり、となることに
本人は、気がついているだろうか。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。