福島第一原発、新たな問題浮上:地盤軟弱化

福島第一原発汚染水の脅威は、海洋流出による汚染に
とどまらない。

海洋への流出を食い止める遮水壁を建設中だが、
これにより、逆に1~4号機周辺の地盤に水がたまり、
軟弱化する恐れがある。

さらに、この原発は、地下水の豊富な場所に立地している。
建屋周辺の地下水くみ上げ井戸が約60本あり、事故前は、
毎日850トンがくみあげられていた。

大地震が来れば、一気に液状化しかねない。

また、別の問題として、東電の計画している1~4号機
周辺の凍土の遮水壁は、氷は水より体積が大きいことから、
霜柱と同じ原理で建屋が浮き上がってしまう危険性も
指摘
されている。

汚染水対策は、文字通り万事休すの事態だ。

東京新聞(2013/9/12)

20130912東京福島原発地盤問題_s

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。