福島第一原発、元所長 吉田氏 死去にあたって

吉田元所長死去の記事が東京新聞にありました。

まずは、ご冥福をお祈り申し上げたいと思います。合掌!

この記事を読むと、やはり、日本社会の問題縮図が見えてきます。

記事の順に、問題点をあげると、

1) 事故後の最初の記者会見で、具体的な事故発生時の質問がなされた際に、
隣にいた細野豪志原発事故担当相が『政府の事故調の関係がある』と
吉田氏の答えを遮ったこと

2) 非常用冷却装置の実践的訓練が未実施だったこと

3) 事故の3年前に、想定以上の津波が福島原発を襲う可能性があるとの
警告が社内で出されていた
にもかかわらず、これが幹部の検討の結果、
無視
されていたこと

4) 政府事故調の吉田氏との4回におよぶ聴取記録が、いまだに非公開
あること

以上4点だと思います。

1)の細野氏の横やりは、今となれば、きわめて問題で、事故の真相が、
これで永遠に闇に葬り去られてしまったわけで、細野氏の責任は重大です。

2) 3) は、よく標語では『安全第一』とかいっていますが、
いまの企業の実態は、やはり、人命よりも『お金第一』であることを
示しています。

4)は、隠蔽体質、特に、都合の悪いことを隠蔽する、そして、これを追及しない
国民性。

以上のような問題が蔓延して、日本社会は、いよいよ、おかしくなってきたんだ、
と思いますが、吉田氏は、おそらく、各場面でいろいろ抵抗したのだと思います。

たとえば、最初で最後の記者会見の後で、細野氏に文句でも言ったんでしょう。
なぜなら、その3日後に食道がんで緊急入院なんて、何と考えてもおかしいです。
東電なら、こんなこと朝飯前だと思いますが、いかがでしょうか。

私は、もちろん、吉田氏とは、面識もありませんが、
吉田氏は、彼なりによく頑張ったんだと思います。

再度、ご冥福をお祈りいたします。合掌!

東京新聞(2013/7/12)
20130712東京吉田所長死去_s

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。