石破発言の欺瞞と危険な挑発性

今日のNHKの日曜討論で、石破さんは、要旨

『海外で同盟国の米国が攻撃を受けた場合、我が国に危険が
及ぼされるような状況になった時には、集団的自衛権で自らを
守らなけらばならない』

のような発言をした。

この内容は、いかにもマヤカシ的なおかしな内容だと思わないのだろうか。

まず、

1)アフガンなど遠い海外で米国が攻撃を受けた、ということ自体、
おかしなことだが、これを容認したとした場合、わが国(日本)が
何もしなければ、米国を攻撃した部隊が、日本に矛先をむける
ことは、まずない、と断言できるだろう。

2)ところが、石破発言によると、日本が何もしなくとも、米国を攻撃した
部隊は、同時に、同盟国である日本にも攻撃をしかけてくる
可能性が大であるから、日本も集団的自衛権を発動して、参戦し、
自国を守らなければならない、ということになる。

3)これは、どう見ても、おかしな話だ。何もない所へ、あえて緊張を日本から作り出す、
いわゆる『挑発』行為以外の何物でもない。

4)一方、現代史を見ると、米国には、数多くの『攻撃を受けた』という
戦争経験があるが、その中で、一度でも、わが国が、攻撃を受ける
ような危険な事態が起きたことが、あったか?その答えは、もちろんNO!だ。

5)つまり、石破発言は、起こりえない事態を起こるものと想定して、
集団的自衛権を発動すべきなのだ、と主張する。
まさに、石破氏は、架空条件を想定した、いわば精神錯乱状況に陥った、
理解不能の議論をしているとしか言いようがない。

6)何もしてこないのに、集団的自衛権を発動して動き出すのは、
挑発行為以外の何物でもない。明らかな一方的宣戦布告であり、
日本国憲法違反の戦争犯罪で、これこそ最も危険行為だ。

7)石破発言は、以上のように、本末転倒の精神錯乱の産物であるが、
危険な宣戦布告を内在した爆弾であると断じざるを得ない。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。