朝日の社説『非難準備区域解除で復興に加速を』は、全く無責任!!

本日(2011/8/12)の朝日新聞社説

『避難準備区域 解除で復興に加速を』

は、きわめて無責任。福島原発事故の収束も見えない、というより、
さらに悪化する可能性も心配される中で、よくもこんなことが言えるな、と
開いた口がふさがらない。

『政府として、その危険性が十分に低下したと判断した以上、解除は妥当だろう。』

また、低線量の長期被曝が問題視されているにもかかわらず、

『線量の低い地区では、復興へ向けて動き出している人たちがいる。
その活動を制約する理由は、もはやない。』

むしろ、避難準備区域解除にあたっては、十分すぎるほどの慎重さをもって
実施すべきだ、と警告を発するのが、メディアの勤めではないのか。

そして、最後に無責任にも、

『除染については、国が責任をもつべきだ。』

と閉めている。つまり、いまだ、除染されていないことを認めているのだ。

冗談じゃない!!

では、汚染地帯に『避難準備区域の指定解除』で、国民を放り出して
それでいいと言うのか。

朝日 2011/8/12 社説

【参考】 本記事を拡大または縮小して見たい場合は、このまま、もしくは、記事を選択後、
① 拡大の場合:「Ctrl(コントロール)キー と +(プラス)キー」を押す
② 縮小の場合:「Ctrlキー と -(マイナス)キー」を押す
③ 元に戻す場合:「Ctrlキー と 0(ゼロ)キー」を押す

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。