新聞記者がいなくなるとどうなるか-米国の例

朝日新聞(2011/10/29)

ひとことで言えば、『公務員による税金の無駄遣いが増える』ということだ。

税金を使う立場にある人間-すなわち公務員-の監視役が
いなくなるため、この公務員のやりたい放題の世界となる。

われわれは、公務員への『みつぎや(貢ぎや)』となる。

これを避けるには、どうすれば良いか?

そのヒントがここにある。




【参考】 本記事を拡大または縮小して見たい場合は、
① 拡大の場合:「Ctrl(コントロール)キー と +(プラス)キー」を押す
② 縮小の場合:「Ctrlキー と -(マイナス)キー」を押す
③ 元に戻す場合:「Ctrlキー と 0(ゼロ)キー」を押す

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。