安倍首相の歴史認識、日本を一層孤立化

先の日本が起こした大戦を、侵略ではない、とか、植民地支配は行っていない、
などといったような認識を近隣諸国に与えるようなわけのわからない言動を繰り返す
安倍首相に対して、

当時の被害を受けた近隣諸国は、それでは、と、具体的な内容で訴訟を起こしたり、
国連という国際舞台の場で、歴史認識に決着をつけようと動き出した。
国連事務総長も韓国人だ。安倍首相に、勝ち目はない。

この安保理「戦勝70年」討論の中で、日本の国連大使も、反論したようだが、
これで、さらに孤立化を深めたと思う。

安倍首相にとっては、歴史認識は、単なる言葉のお遊びであって、
わが国に実害がふりかかってくるまで、その重大性に気がつかないようだ。

信濃毎日新聞(2015/2/24)
20150224信濃毎日_s

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。