安倍首相『お国のために戦った英霊に尊崇の念を表す』の真意は

これは、『太平洋戦争を大東亜戦争と言え』 という安倍首相なので、
その真意は、この戦争は、お国、すなわち日本のために戦った戦争であり、
正しかったのだ、という完全に誤った歴史認識を公にしたかったのだ。

したがって、中韓の非難は、もとより、米国も懸念を表したわけだ。

中国は、戦勝国であり、連合国軍側の一員として、この戦後整理、すなわち
日本の侵略戦争に対する国際的断罪に対して真っ向から反逆する安倍首相の動きは、
容認できるものではない。

米・韓としても、しかりだ。

今後、中国は、米・韓に働きかけて、戦後の長期にわたり構築してきた国際的整理に
基づく平和秩序に反旗を翻そうとしている安倍日本の孤立化戦略を強力に展開して
くるだろう。

安倍さんは、『私の真意を中韓両国首脳に直接お話ししたい』とまるでわかっていない
幼稚なことを言っているが、このような外交感覚ゼロの安倍さんは、いよいよ、アジアで
孤立化する道を、自ら選んだわけであるが、結局これが、墓穴の第一歩、
すなわち敗着の一手となるだろう。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。