今の政治腐敗が、いかに根深いか、がよくわかる記事だ

この記事を読むと、もはや、政府自民党だけではなく、霞が関全体も
総入れ替えしないと、大変なことになる、だろう、ということが
切に感じられる。

自民党に代わりうる強力な政党が、ない、ということが、
現代日本の不幸である。

が、まったくないわけではない。

共産党、社民党があるが、共産党には、別の大問題がある。
唯我独尊という言葉があるが、共産党がまさにそれだ。

もっと、謙虚にならなければ、国民は信頼しないだろう。

その点、社民党は、いいが、いまいち、勢いに欠ける。

政党と、国民の双方が真剣に考え・努力しないと
明日の日本は、ない、と断言できよう。

東京新聞(2014/1/7)
20140107東京秘密保護法

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。