オッ? な、なんと電力料金格差18倍!!

東電の電力料金について、

平成2 3 年1 0 月3 日東京電力に関する経営・財務調査委員会報告

www.cas.go.jp/jp/seisaku/keieizaimutyousa/dai10/siryou1.pdf

p112 図表6.1.1.1.(1) 東京電力の販売電力量・損益構造

から、事業用(自由部門)家庭用(規制部門)利益率の比較を計算
したところ、な、なんと、18倍の開きがあるという結果になったが、
この計算でいいのか?みなさん、ご検証ください。

計算過程は、以下のとおり。

前述資料から、

販売電力量率
利益率
販売電力量当たりの利益率
事業用
2/3
1/10
(1/10)/(2/3)=0.15 ①
家庭用
1/3
9/10
(9/10)/(1/3)=2.7 ②
合計
100%
100%

よって、利益率の格差(?)K は、

     K =  ②/①

       =  18  倍

したがって、家庭用は、事業用の18倍貪(むさぼ)られている、ということに
なる。

まさに、 東電の経営理念の理不尽は、『言語に絶する域に達している』、

と言わざるを得ない。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。