やはり、医者にはかからないほうがいいようだ

日曜日の東京新聞に、

がん克服は無理
放置に迷いなし

という慶応大病院の近藤医師の記事があった。

ひとことで言えば、

「がんと闘う」という通念は、医者たちが作り上げたもの。
しかも、医者たちのために。

大変、わかりやすく書かれており、みなさんの参考になると
思われるので、再掲させていただきました。

東京新聞(2013/7/14)
20130714東京がん放置_T_s_2

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。